➤ English
  • TOP
  • 企業情報
  • 沿革

会社沿革

1925(大正14年)
峰 嘉六 東京深川において個人創業。
鉄道機械信号装置の製造及び現場取付工事を行う。
1933(昭和8年)
合資会社峰製作所を設立。
鉄道省の指定工場・指定請負人となる。
1942(昭和17年)
戦時国策により、機械信号取付工事部門を鉄道保安工業株式会社に移管。
1945(昭和20年)
東京大空襲により東京深川本社・工場が全焼。
福岡県糸島郡前原町加布里に疎開し、工場再建をはかる。
本社所在地は東京都中央区築地に移す。
1947(昭和22年)
株式会社峰製作所を設立。資本金百万円。
峰 嘉六初代社長に就任。
1948(昭和23年)
本社所在地を東京都千代田区神田に移転。
1949(昭和24年)
国鉄の公開競争入札制実施を機会に分岐器の製造販売を開始。
機械信号取付工事部門を復活。
1950(昭和25年)
車上転換装置の試作品(M1型)八幡製鐵所牧山本線で試運転成功。
1957(昭和32年)
福岡県粕屋郡古賀町(現在の古賀市)に九州工場を新築し、移転。
1958(昭和33年)
峰独自のテルミットレール溶接工法(MT1)完成。昭和35年より在来線本格施工。
国鉄の要請により機械信号取付工事部門を再び分離し、昭和工業株式会社を設立。
1960(昭和35年)
車上転換装置の取付工事及び保全のため、八幡製鐵所構内に工事所
(現在の八幡支店)を開設。
1961(昭和36年)
大阪出張所を開設(現在の大阪営業支店)。
1962(昭和37年)
東海道新幹線工事にテルミットレール溶接(MT2)施工。
新幹線分岐器(50Tレール)及び伸縮継目納入。
1968(昭和43年)
君津製鐵所構内に君津作業所(現在の君津構内出張所)を開設。
1971(昭和46年)
山陽新幹線(新大阪〜岡山)工事でエンクローズアークレール溶接及び
ガス圧接レール溶接(PGP)を施工開始。博多駅前に峰ビル新築。
1974(昭和49年)
山陽新幹線(岡山〜博多)工事へ新幹線用分岐器(60レール)納入。
テルミットレール溶接(MTN)施工。
峰 貫一 二代社長に就任。
1975(昭和50年)
資本金1億円に増資。
1979(昭和54年)
エレクトロ・テルミット社(ドイツ)とテルミットレール溶接(SkV法)導入に関して技術提携。
ゴールドサミット溶接と命名さる。納入、施工開始。
1980(昭和55年)
東北新幹線(大宮〜盛岡)工事及び上越新幹線(大宮〜新潟)工事へ
新幹線用分岐器(スラブ用)納入とレール溶接施工。
1983(昭和58年)
青函トンネル工事へレール溶接施工。
1985(昭和60年)
圧接クロッシング開発完了。小倉駅に試験敷設。
1986(昭和61年)
名古屋出張所開設。
1987(昭和62年)
本四連絡橋工事に緩衝桁用軌道伸縮装置の製作及び現地敷設と
レール溶接施工。
レール緊張ガス圧接工法確立。施工開始。
1991(平成3年)
山形新幹線工事に三線式分岐器(圧接クロッシング用)納入及び
レール溶接施工。
峰 英髙 三代社長に就任。
1992(平成4年)
技術研究所創設。
技術研究所創設記念シンポジウム開催「テーマ=21世紀を展望する新しい鉄道技術」ノーズ可動クロッシング(レール製圧接ノーズ使用)を開発。
湖西線堅田駅に敷設。
1993(平成5年)
種子島宇宙センター移動発射台用特殊分岐装置納入。
100kgレール溶接施工。
1995(平成7年)
峰製作所創立70周年記念式典開催。
九州工場に研修棟完成。
1996(平成8年)
秋田新幹線工事へ山形新幹線と同様に三線式分岐器納入。
1997(平成9年)
長野新幹線工事へレール溶接施工。
古賀出張所を開設し、福祉機器販売開始。
1998(平成10年)
鉄まくらぎ分岐器の受注本格化。
ウィング可動クロッシング(低騒音クロッシング)開発、博多運転区構内へ納入、敷設。
後に営団小石川車両基地へも納入。
2000(平成12年)
九州工場本館新築。
2001(平成13年)
東北新幹線(盛岡〜八戸)工事へレール溶接施工。
九州工場 ISO9002認証取得。
2002(平成14年)
九州新幹線(新八代〜西鹿児島)工事へ新幹線用分岐器納入及びレール溶接施工。
東京急行電鉄にノーズ可動クロッシング(レール鋼製圧接ノーズ仕様)を納入。
2003(平成15年)
ISO9001:2000年版へ切り替えに伴い、営業・溶接工事・設計・研究部門への適用拡大。
溶接研修センター創設。
2005(平成17年)
溶接工事本館新築。
2007(平成19年)
秋田工事所開設。
2008(平成20年)
九州新幹線(博多〜新八代)工事に新幹線用分岐器納入とレール溶接工事。
東北新幹線(八戸〜新青森)工事・北海道新幹線(新青森〜新函館)工事へレール溶接施工。
2009(平成21年)
峰 敏晃 四代社長に就任。
2010(平成22年)
北海道新幹線(青函トンネル)工事へ半自動エンクローズアーク溶接施工。
北陸新幹線(長野〜金沢)工事へレール溶接施工。
2013(平成25年)
東京工事所開設。

このページの上部へ
峰製作所の開業から現在までの企業理念、事業内容、展望等をわかりやすく紹介したムービーです。ご覧ください。