➤ English
  • TOP
  • 事業紹介
  • 製品
  • 溶接材料及び機器

溶接材料及び機器

ゴールドサミット溶接の原理詳細PDFダウンロード

1886年、ドイツ人Hans Goldschmidt博士は酸化鉄とアルミニウム粉末の混剤による“テルミット反応”を発見しました。この反応は重金属酸化物、特に酸化鉄を還元するのに、酸素に対するアルミニウムの強力な親和力を利用したもので Fe203+2AI → 2Fe+AI203+800kJなる反応式で示されます。急激な酸化発熱で得られた高温と溶鋼を溶接に用います。

ゴールドサミット溶液の機材

機材の組み立て状態
機材の組み立て状態
押抜せん断器
押抜せん断器
このページの上部へ

ゴールドサミット溶液の消耗材

オートタップ

オートタップ

点火剤

点火剤

各レール種別で使用する溶剤、モールドは下記の通りです。

普通レール+普通レール 普通レール+熱処理レール 熱処理レール+熱処理レール モールド
JIS 50Nレール 50N Z90溶剤 50N Z90溶剤 50N Z120M溶剤 50N用モールド
JIS 60レール 60K Z90溶剤 60K Z90溶剤 60K Z120M溶剤 60K用モールド

※ オートタップ、点火剤は共通です。
※ この他、クレーンレール用73kg、74kg、100kg レールにも対応します。

このページの上部へ

段差モールド

摩耗レールの交換では新旧レールの間に大きな段差が生じることがあります。段差モールドは、そのような場合でも容易に施工できるよう、予めレールあご下部と底部に4mmの段差を設けたモールドです。

・ 通常のゴールドサミット溶接用機材がそのまま使用できます。
・ 施工方法は通常のゴールドサミット溶接用と同様です。
・ 適用範囲は下表の通りです。

レール段差(mm) 0 1 2 3 4 5 6
通常モールド
段差モールド

○:適用範囲

●:レール形状に合致させる為に古レールに当たるモールド底部
及びアゴ下を若干削る必要があります。


モールド底部形状


モールド底部形状

このページの上部へ

ワイドギャップ溶接

ワイドギャップ溶接は開先量70〜75mmと通常の25mmよりも広いゴールドサミット溶接です。
溶接部の落ち込みやキズの除去に使用できます。

ワイドギャップ溶接外観

ワイドギャップ溶接外観

ワイドギャプ溶接は通常のゴールドサミット溶接とは主に下記の材料・機器が異なります。

・ 溶剤 ・ モールド ・ モールドケース ・ クランプ装置
・ スラグパン ・ ルツボ延長リング ・ 押抜せん断本体 ・ 押抜刃

ゴールドサミット溶接の詳細はこちら
このページの上部へ
峰製作所の開業から現在までの企業理念、事業内容、展望等をわかりやすく紹介したムービーです。ご覧ください。